マヌカハニー一覧

【口コミ・評判】エアボーン(Airborne)マヌカハニーの特徴


エアボーン(Airborne)マヌカハニーの特徴や口コミ・評判を知りたい人向け。

「エアボーン(Airborne)マヌカハニーは日本ではあまり見たことがないんだけど、ニュージーランドでは有名なブランドなのかな?、、、特徴や口コミ・評判について知りたい。」

こういった疑問にお答えします。

 本コラムの内容

  • エアボーン(Airborne)ブランドとは
  • エアボーン(Airborne)マヌカハニーの特徴
  • エアボーン(Airborne)マヌカハニーの口コミ・評判
  • エアボーン(Airborne)マヌカハニーー一覧

このコラムを書いている私はニュージーランドに在住していて、今までに30種類以上のマヌカハニーを試してきました。

このような経験を通して、マヌカハニーのブランドごとの特徴などをご紹介しています。

 なぜ同じマヌカハニーなのに味や舌触りが違うの?

大手メーカーのブランドになればなるほど、ニュージーランドの各地にある蜜源からマヌカハニーが集められるので味や風味に個性が生まれます。

同じマヌカの花から採蜜しているマヌカハニーでも採れた産地や時期、そして製法(プロセス)によって味や舌触りが違ってきます。

そこで、今回は「エアボーン(Airborne)マヌカハニーの特徴」をご紹介したいと思います。

【口コミ・評判】エアボーン(Airborne)マヌカハニーの特徴

ニュージーランドのスーパーでよく見かける有名ブランドです。

エアボーン(Airborne)ブランドとは

エアボーン社は、1910年ニュージーランド南島のバンクス半島にて創業を開始したメーカーです。

その後、カンタベリーに拠点を移し、ニュージーランドのスーパーでも最も見かけるといっていいほどメジャーなマヌカハニーメーカーになっています。

エアボーン(Airborne)マヌカハニーの特徴

メーカー独自の指標として花粉含有率が表示しています。花粉含有率(ポーレン%)とは蜂蜜にマヌカがどのくらい含まれているかを示したもの。

左端に書かれているが花粉含有率、78%となっています。例えば、マヌカハニー選びで気を付けたいのが「80+」という表示があっても必ずしもUMFやMGO表記でない場合があることです。

ニュージーランドのマヌカハニー協会に所属していないブランドでは、メーカー独自で指標を付けている場合があります。

マヌカハニーの抗菌活性レベルを表示していないので、価格が安いという理由もあってニュージーランドのスーパーに置かれているとも言えます。

味はクセが少なく味がマイルドです。

エアボーン(Airborne)マヌカハニーの口コミ・評判

マヌカハニー選びで気になるのが、口コミや評判。価格も高いので試してみてからというのも難しいですよね。そこで、人気のあるTCN社ストロングマヌカハニーに絞って口コミ・評判を集めてみました。

口コミや評判の一例を挙げると・・・

ニュージーランドで最も一般的なメーカーのマヌカ蜂蜜500グラムがこの価格で購入できてラッキーでした。
あまり知られていないメーカーですが、安いので買いました。
とても気に入っていて家族で使っています。何度もリピートしています。

エアボーン(Airborne)マヌカハニー一覧

エアボーン(Airborne)マヌカハニーの特徴

エアボーン社のマヌカハニーは、メーカー独自の花粉含有率を表示しているため、UMFやMGOの表記をしているわけではありません。マヌカハニーを選ぶ際には、UMFやMGO量を基準に選ぶことがあるので注意しましょう。

まとめ
  • ニュージーランドのスーパーに置かれている有名なブランド
  • メーカー独自の花粉含有率を表示
  • UMFやMGO表記ではないので選ぶ際に注意が必要