マヌカハニーの効果

花粉症にマヌカハニーが効果的な理由【おすすめ】

花粉症
2月といえば花粉症の始まりの季節。徐々に鼻が痒くなってきたり、鼻水が止まらなくなってきたという人も出てきていると思います。

花粉症の症状対策として、いろいろな食品や治療法が話題になりますが、マヌカハニーにも花粉症に良い効果があると言われています。

 本コラムの内容

  • 花粉症の原因と症状
  • 花粉症に対するマヌカハニーの効果
  • 花粉症の人におすすめのマヌカハニーの食べ方

 マヌカハニーの効果とは?

マヌカハニーには普通の蜂蜜にはない、高い抗菌・殺菌効果があることで知られています。それはMGOという成分で、この含有量によって期待できる影響が違ってきます。

この抗菌・殺菌効果が胃腸などの存在する悪い菌の増殖を防いでいることになります。

このコラムを書いている私は、ニュージーランドに在住しています。実は、ニュージーランドにも花粉症があるので、苦しんでいる人を見かけます。その時はマヌカハニーを食べるといいよ、と伝えています。

では、なぜマヌカハニーが花粉症の人にいいのか?ということになります。

そこで、今回は「花粉症の人にマヌカハニーがおすすめの理由」をご紹介します。

花粉症の人にマヌカハニーがおすすめの理由

花粉症対策
免疫力を高めます。

花粉症の原因と症状

花粉症はご存知の通り、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギーを起こすつらい症状です。

アレルギー性鼻炎とも呼ばれ、「季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)」とダニ・家の中のちり(ハウスダストなど)、ペットの毛などが原因の「通年性アレルギー性鼻炎」に分類されて色々な原因で起こります。

両方のアレルギー性鼻炎の症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまりだけでなく、かゆみ、涙、充血、そして、ひどくなると喉のかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢などの症状が現れることがあります。場合によっては、喘息、アトピー性皮膚炎を併発することがあるので注意が必要です。

花粉症に対するマヌカハニーの効果

マヌカハニーには殺菌作用・抗菌作用があるため、ウイルスを防ぐだけなく、整腸作用があります。実は、花粉症の改善に腸内フローラ(腸内環境)を整える事は非常に有効とされています。

マヌカハニーには、乳酸菌などの善玉菌の活動を活発にする働きがあるためです。

それらの作用によって、免疫機能の向上につながります。免疫力の向上はアレルギー症状を発症しにくくなります。アレルギー体質の方はマヌカハニーを摂取することで、花粉症の症状が緩和する可能性があります。

しかも、マヌカハニーは医薬品ではないので副作用がありません。医薬品で花粉症を抑えることもできますが、医薬品に頼らず自然の食品(ふうき茶・ピーポーレン等)で対処することを望んでいる方は多いので、毎日食べることにより免疫力を向上させましょう。

【スーパーフード】花粉症に自然食品のビーポーレンが人気 ビーポーレンに興味がある人向け。 「花粉症に自然食品のビーポーレンがいいと聞いたんだけど、、、。スーパーフードとも言われいるの...

花粉症の人におすすめのマヌカハニーの食べ方

花粉症の症状が出てからマヌカハニーを食べ始めるのでは遅く、実は予防をかねて花粉症の時期の少し前から継続的にマヌカハニーを食べることがおすすめです。

マヌカハニーの効果を実感できるのは、一般的に2~3か月程食べ続ける必要があるので、2月から花粉症に悩ませられる人は遅くても11月か12月ぐらいから食べ始めましょう。

毎日食べるほうがいいので、そのまま食べたり、ヨーグルトなどに混ぜて食べてもいいですね。

花粉症の人に免疫力を高めるマヌカハニーがおすすめ

マヌカハニーは腸内を整えることによって免疫力を高める効果があります。しかも、自然な食べ物なので安心して食べ続けることができますね。ただし、症状が出てからでは遅いので症状の出る前から食べ続ける必要があります。