マヌカハニーの効果

【ピロリ菌検査】おすすめの検査キットとマヌカハニーの関係

マヌカハニーには高い抗菌効果があることで知られていますが、
ピロリ菌に対しても有効であることがテレビ番組でも数多く取り上げられました。
実は、胃がんの約99%はピロリ菌が原因と分かっている珍しい疾患です。

原因がわかっているのに、その原因を取り除かないのっておかしいですよね。

でも、面倒とかで病院に行って検査は面倒だし、お金をかかると思っている方!
最近は「ピロリ菌検査キット」が市販されているので、
簡易的に検査してはみてはいかがでしょうか。

今回は、おすすめの「ピロリ菌検査キット」をご紹介します。

ピロリ菌を保有している可能性は?

そもそもピロリ菌は、正式にはヘリコバクター・ピロリというもの。
本体は螺旋状なので「螺旋菌」を意味するヘリコバクターと名づけられています。

このピロリ菌が精製や分泌する毒素やアンモニアが、胃の粘膜上皮を傷つけることで
胃炎や胃潰瘍、ついには胃がんになってしまいます。

では、ピロリ菌はどこから感染するのかというと、
上水道が発達していない時期に生活用水に潜んでいたので
若い人よりも50代以降からの保有率が高いのです。

でも、若いからと言って保有していない可能性がゼロではなく、
ピロリ菌を保有している家族を通じて、子供の頃に感染している可能性もあります
家族で胃がんで亡くなった方がいればピロリ菌検査を受けたほうがいいですね。

おすすめのピロリ菌検査キット


ピロリ菌に感染しているかどうかを検査するとしても、病院でも数千円。
感染しているとわかっても健康保険がきくので除菌しやすい環境です。

でも、やっぱり病院に行くのが面倒だったり、
症状がないから病院に行くのはちょっとと思っている方も多いはず。
その場合は、「自宅でできるピロリ菌検査キット」が便利です。

尿や血液、便を梱包されている容器に採って検査会社に郵送すると、
約1~2週間で結果が返送されてきます。
郵送で家族に知られたくない場合は、ウェブで確認できるキットあります。

自宅で手軽に検査が可能で検査キットの「採便容器」で便を採取するだけ。

便中に含まれるピロリ菌を直接検出する感度・特異度とも高く信頼性の高い検査です。
感度は「あるものはある」、特異度は「ないものはない」というものを表す
医療分野で使われる評価方法です。

>>>ピロリ菌検査キット

ただ、どの検査方法でも同じで100%信頼できる検査ではないので、
本当は感染しているのに陰性と判定される「偽陽性」も一定の割合で起こるので
注意が必要です。

本来は陰性でも別の検査法で検査するとかセカンドオピニオン的なことを
してみるのが望ましいでしょう。

マヌカハニーとピロリ菌の関係

マヌカハニーには高い抗菌・殺菌効果があるため、
ピロリ菌を除菌する食品として一時期話題になりました。

通常、ピロリ菌の除菌は抗生物質などを3種類併用して行なわれています。
しかし、除菌期間中に抗生物質による副作用の生じる心配がありますが、
マヌカハニーはあくまでも食品ですから、副作用はほとんど認められません。

ただし、マヌカハニーを食べたからといってピロリ菌を完全に除菌できるわけではなく、
補助的な役割でしかありません。病院で除菌後に食べるのがおすすめです。
それもまだ検証段階であるということに注意が必要です。

ピロリ菌のためにマヌカハニーを食べようと考えている方は、
MGO量が多いマヌカハニーが人気。
MGO量が多いマヌカハニーを選ぶなら、ストロングマヌカハニーがおすすめです。