コラム

【蜜蝋ラップとは】NHKでも話題のミツロウラップが人気【おすすめの使い方は?】

蜜蝋ラップ
NHKでも取り上げられた蜜蝋ラップとは何かや使い方を知りたい人向け。

「ハニーラップとか呼ばれる蜜蝋ラップが人気らしいのだけど、何かな?プレゼントにもらったんだけど、使い方を教えて欲しい。」

こういった要望にお応えしますね。

こんにちは、NZ在住のマヌカハニー男子です。
当サイトでは、今までに10以上の販売店を訪れたり、30種類以上のマヌカハニーを試してきた管理者がマヌカハニーのおすすめ情報を紹介しています。

蜜蝋ラップは、エコラップやハニーラップとも呼ばれ、蜂が作り出すミツロウで作られたラップです。蜜蝋と言えば、ロウソクなどが知られていましたが、最近は蜜蝋ラップが話題になっています。

このコラムでは「蜜蝋ラップとは何か」や「蜜蝋ラップの使い方」が分かります。

そこで今回は、「【蜜蝋ラップとは】NHKでも話題のハニーラップが人気【使い方は?】」をご紹介しようと思います。

【蜜蝋ラップとは】NHKでも話題のハニーラップが人気【おすすめの使い方は?】

洗えば使いまわしができるエコラップ。野菜や果物が日持ちすると人気です。

  • 蜜蝋ラップとは
  • 蜜蝋ラップの使い方
  • 蜜蝋ラップのブランド
  • 蜜蝋ラップはどこで買える?

蜜蝋ラップとは

ミツロウラップは蜜蝋(ミツロウ)を生布に含ませた食べ物を包むラップ。オーガニックコットン・みつろう・樹脂・ホホバオイルなどで作られていて、洗えば何度でも使えるエコなラップです。

100%天然の原材料で作られているので、食べ物を直接包んでも安心です。繰り返し使えて、環境にもやさしいフードラップです。最終的にはゴミとなっても100%土に還ります。

ニュージーランドでも人気のミツロウラップには色々な使い方が分かりました。

ニュージーランドの南島にあるクィーンズタウンでは自分で布を持ち込んでミツロウラップを手作りできる工場もあったりします。

それでは、「蜜蝋ラップの使い方」をみていきましょう。

蜜蝋ラップの使い方

ミツロウラップは新鮮な野菜、フルーツ、チーズ、スナックを包むのに役立つので、特にサンドイッチやパンを包むのがおすすめです。

例えば、ポップコーンを入れるのに使ってみました。

包むときは手の暖かみでミツロウがやわらくなり、冷蔵庫に入れるとツツロウが固くなって食品を保護するメリットがあります。

特に、新鮮な野菜をミツロウラップで包んでおくと日持ちするので便利です。その他にも、大きいサイズであればボウルを覆うこともできるので、サランラップの代わりとして重宝します。

洗い方は、普通の石鹸を使うことができます。半年から1年ぐらい持つので、使い回しができるエコなラップです。ただ、電子レンジでは使用できないので注意しましょう。

蜜蝋ラップのブランド

最近は様々なブランドがミツロウラップを出しています。メイン・イン・ジャパンもありますよ。

honeywrap(ハニーラップ)


日本のNHKでも取り上げられたミツロウラップもニュージーランドで市販されています。こちらのデザインは、すべてニュージーランドのアーティストによるオリジナルです。

honeywrap 公式ページ

LilyBeeWrap


カップルがワイナリーで有名なホークスベイでハニーラップを作っています。男性は日本の方です。

LilyBeeWrap 公式ページ

aco wrap(アコラップ)

メイド・イン・ジャパンのエコラップ。岐阜県のミツバチの巣から採取したミツロウとオーガニックコットンの生地から作られています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

acowrapさん(@acowrap)がシェアした投稿



aco wrap 公式ページ

蜜蝋ラップはどこで買えるの?

人気の蜜蝋ラップをどこで買えるのかというと、ニュージーランドでは土産屋さんや朝市で見つけることができます。

最近はカフェでも取り扱っているところがあるので、ニュージーランド在住者や観光で来られた際には探してみましょう。

一方、日本では例えばAmazonなどで「ミツロウ ラップ」と検索すると見つかりますよ。

蜜蝋ラップはサランラップの代わりに繰り返し使用できます!

日本のテレビで取り上げられたエコなラップとして、ミツロウラップが人気になっています。オーストラリアやニュージーランドだけではなく、日本でもミツロウラップが作られています。

使い方は簡単で使い回しができるので、Eco生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ
  • サンドイッチ以外にも色々な食品を包むことができます。
  • 野菜を包むと長持ちするので重宝します。
  • 電子レンジでは使えないので注意が必要。