Q&A

【回答】マヌカハニーのMGOとは?【MGOとUMFの違い】

MGO
マヌカハニーのMGOとは何か知りたい人向け。

「マヌカハニーのMGOとは何かな。どのくらいのMGOが入っていればいいんだろう、UMFというのもあるし違いも知りたいな。」

こういった要望にお応えします。

こんにちは、ニュージーランド在住のマヌカハニー男子です。

当ブログでは、マヌカハニーの最新情報をお伝えしています。

マヌカハニーと言っても色々なブランドや効果のレベルが違うのでどれを選んでいいか分からない。MGOという基準があるらしいことは知っていても、MGOが何かわからない人も多いはず。

このコラムでは、「マヌカハニーのMGOとは何か」や「どれくらいMGOがいいのか」が分かります。

そこで、今回は「マヌカハニーのMGOとは?」をご紹介します。

マヌカハニーのMGOとは?

MGOはマヌカハニーを選ぶ基準になる成分。

具体的には以下のとおり。

  • マヌカハニーのMGOとは?
  • MGOが発見された経緯
  • どのくらいのMGOがいいの?

マヌカハニーのMGOとは?

MGOは「メチル・グリ・オキサーサール」の略で、マヌカハニーを特別な蜂蜜にする天然合成物。

このMGOは高い抗菌・殺菌作用をもつとされ、MGO数値が高ければ高いほどマヌカハニーによる効果が高いとされています。

MGOは、マヌカの花蜜にはMGOが最初から含まれているわけではなく、実はもともと存在しているのは「ジヒドロキシアセトン」という成分です。

この成分に、はちみつが作られる段階で混入したアミノ酸やタンパク質が反応してメチルグリオキサール(MGO)が作られます

ジヒドロキシアセトンが時間をかけて徐々にMGOに変わっていき、最後は変化がほぼ終了します。そのため、マヌカハニーメーカーのなかには貯蔵することによってMGOの数値を上げることもされています。

これは自然の現象を利用しているので時間をおくことには問題はありませんが、需要と供給が追い付かず、貯蔵される前に出荷されているマヌカハニーが多く出回っています。

MGOが発見された経緯

ニュージーランドの原住民であるマオリ族が古くから傷薬や消毒にマヌカハニーを使っていたため、マヌカハニーに素晴らしい効果があることが知られていました。

最初にマヌカハニーに独自に抗菌活性を見出したワイカト大学のピーター・モラン教授は、ハチミツの抗菌強度を一般の殺菌剤であるフェノール液と比較することにより、抗菌活性を測定する検査法を開発しました。これがUFM規格の基準となっています。

こちらがUMF規格です。

UMF

その後、抗菌活性の要素が何かが分からないままでしたが、ついに2006年になって始めて、ドイツのトーマス・ヘンレ教授により抗菌効果がマヌカハニー中の化合物が食物メチルグリオキサール(MGO)であるとつきとめました。

この2人の教授がいなければマヌカハニーの素晴らしい効果が世の中に広まらなかったかもしれません。

どのくらいのMGOがいいの?

MGO数値は、MGOが1kg中に含まれるMGO量(mg)を示しています。

例えば、MGO263+であれば「1Kg中にMGOが263mg以上が含まれている」ことになります。

では、どのくらいの数値がいいのでしょうか?

下記にはUMFとMGOの相関を表したものです。

UMF指標 MGO(メチルグリオキサール)量指標
5+  >= 83mg/kg
10+ >= 263mg/kg
15+ >= 514mg/kg
16+ >= 573mg/kg
18+ >= 696mg/kg
20+ >= 829mg/kg
25+ >= 1,200mg/kg
28+ >= 1,449mg/kg

UMF10+(MGO263+)以上のマヌカハニーは「アクティブ・マヌカハニー」と呼ばれ、医療機関でも薬の代わりに処方されるくらい抗菌・殺菌力が強いマヌカハニーです。

そのため、効果をより実感したい人はUMF10+(MGO263+)以上のマヌカハニーがおすすめです。

MGOは登録商標されているの?

ドイツのトーマス・ヘンレ教授と共に共同研究をしたのがマヌカヘルス社とでで、マカハニーに含まれるMGO(メチルグリオキサール)が抗菌活お主要成分だとつきとめました。そのため、MGO表記の先駆者はマヌカヘルス社といっても過言ではありません。

マヌカヘルス社はMGOを登録商標したかったのですが、これはMGOは一般成分名なので登録商標ができません。そこで、MGOとロゴを一緒にして登録商標を行いました。

MGO

このMGO数値と赤色の六角形のロゴが商標登録されている部分です。

これで困ったのが、他のマヌカハニー企業です。当初は登録商標への誤解もあり、MGOが使えないのでは?ということで「MG」と表記するメーカーも出てきました。

MGOとMGは同じ意味ですが、今でも「MG」と表記しているメーカーもあります。

その後、成分名であるMGOは誰が使っても問題ないことが浸透し、今ではほとんどのマヌカハニーメーカーがMGO数値を容器につけています

つまり、商品の容器などに「MGO」を含んでいても、 メチルグリオキサールの略称として使用する場合には登録商標によって使用を制限することはできません。

また、ニュージーランドでは、過去に数社が「MGO」を商標登録しようとして申請していますが、すべて却下されています。

マヌカハニー選びではMGO263+以上がおすすめ!

MGO指標は、マヌカハニーを選ぶ際にはMGOの量を基準に決めるといってもいいほど重要なファクターになっています。

MGO263+以上(UMF10+以上)はアクティブ・マヌカハニーと呼ばれ、医療機関でも使われるくらい抗菌作用に優れたマヌカハニーです。