マヌカハニーの選び方

【選び方】「非加熱はちみつ」は本当?生マヌカハニーはあるの?

火
生マヌカハニー(Row Manuka Honey)について知りたい人向け。

「生マヌカハニーは人工的でない気がするのでいいと思うんだけど、どうなんだろう?非加熱はちみつが生マヌカハニーのことだと思うんだけど、詳しく知りたい。」

こういった疑問にお答えします。

 本コラムの内容

  • 生はちみつの定義
  • 生マヌカハニーは非加熱はちみつか?
  • マヌカハニーの選び方

このコラムを書いている私は、ニュージーランドに在住しています。はちみつをよく購入しますが、今までは選ぶ際に「生はちみつ」をわざわざ選んで購入するようにしていました。ただ、調べていくうちに色々なことが分かりました。

本当の意味で生マヌカハニーはほぼ存在しない。

こういったことをお話しすると、「はちみつに加熱処理をしていない生マヌカハニー」と記載されているサイトを見かけるけどといった意見を聞きますが、果たしてどうなのでしょうか。

そこで、今回は「【選び方】「非加熱はちみつ」は本当?生マヌカハニーはあるの?」をご紹介します。

「非加熱はちみつ」は本当?生マヌカハニーはあるの?

非加熱や生マヌカハニーというキーワードに注意が必要です。

それでは、詳しくご紹介していきます。

生はちみつの定義

「生はちみつ」のイメージを人に聞くと、「採れたて」や「純粋な(ピュア)」・「加熱されていない」などの様々な返答があります。実は、返答の数が多いのは「生はちみつ」には定義がないからなのです。

はちみつメーカーが、「生はちみつ」や「ロー(Row)はちみつ」と伝えているのは独自の考え方で、「生はちみつ」と紹介するだけで多くの人が「採れたてそのまま」などをイメージして販売促進につながるためです。

もし、本当に手を加えていないはちみつであれば、はちみつに花粉の粒などが混ざっているはずですが、市販されているはちみつでは見かけることができせん。

たまに田舎の路肩にある直売所などで「生はちみつ」として採れたてそのままを販売していることはありますが、ごく一部でしょう。

さらに、はちみつメーカーのなかは「加熱されていないはちみつ(非加熱)」を生はちみつとして紹介している場合があります。果たして加熱されていないのでしょうか?

生マヌカハニーは非加熱はちみつか?

マヌカハニーを選ぶ時に「非加熱はちみつ」と記載された容器を選んでも、実ははちみつに加熱されていないことはほぼあり得ません

一般的に売られているマヌカハニーは一旦、過熱されたものががほとんどです。

では何故、過熱をするのかというと、はちみつの巣箱からはちみつを取り出し、そのあと一般的にフィルターを通して時間をかけて抽出します。

このフィルターを通すには、ある程度の「熱」が必要だからです。マヌカハニーを食べたことがある人は分かると思うのですが、マヌカハニーは普通のはちみつと比べて半固形状です。この半固形の状態でフィルターをそのまま通過させるのは困難だからです。

さらに、過熱することによってはちみつに含まれる水分が蒸発し、生産効率が上がるのも理由のひとつです。「蜂の巣」の温度は約37度と言われているので、それ以上の熱を加えると、酵素やビタミン・ミネラルなどの栄養素は失われるとされています。

良心的なはちみつメーカーは、独自の定義で「非加熱」=「ある一定の温度以上は加熱していない」ことを表示している場合もあります。

最後にMGO活性値の検査を行ってボトリングしますが、充填を促進するための高温処理は行いません。エンジェルビーン・マヌカハニーは収穫~充填まで、全ての工程において自然の蜂巣の体温(約38℃)以上に熱せられないように行います。

出典:Angel bean(Amazon.co.jp)

マヌカハニーの選び方

マヌカハニーを選ぶ際には、あまり「非加熱」や「生はちみつ」というキーワードで選ぶのはおすすめできません

メーカーのなかには加熱されたかどうかが分かる検査【HMF含有量検査】証明が付属している場合もあるので、どうしても必要以上に加熱されていないものを選ぶ際には参考になります。

【回答】マヌカハニーの品質を見分ける方法は?【加熱か非加熱かが重要】マヌカハニーの品質を見分ける方法を知りたい人向け。ニュージーランド在住者が「マヌカハニーには偽物が出回っていると聞いているけど、品質を見分ける方法がないのかな。本物のマヌカハニーを買いたいな。」といった疑問に回答します。 ...

マヌカハニーを選ぶ際には、「非加熱」や「生はちみつ」に惑わされずに「信頼できるブランドのマヌカハニーを選ぶ」のがおすすめです。

https://manukahoneydaisuki.com/ranking/

非加熱や生マヌカハニーというキーワードに注意が必要

せっかく高価なマヌカハニーを選ぶのだから、より良いものを選びたいですよね。そのことをメーカー側もわかっていて、さまざまな差別化やアピールポイントがあります。

そのなかでも「非加熱」や「生はちみつ」といった言葉は消費者に良い印象を与えるキーワードなので多用されがちですが、購入する側はその意味を知っておく必要がありますね。