マヌカハニーの選び方

【偽物の手法は?】NZ在住者おすすめのマヌカハニーの見分け方と選び方

悩む女性
偽物ではない本物のマヌカハニーの見分け方や選び方を知りたい人向け。

「マヌカハニーには偽物があると聞くけど、本当なの?どうやったら見分けられるのだろう、、、見分ける方法があれば知りたい。」

こういった要望にお答えします。

 本コラムの内容

  • 偽物のマヌカハニーの手口とは
  • 偽物のマヌカハニーの見分け方

このコラムを書いている私は、ニュージーランドに在住しています。マヌカハニーの最新情報を見聞きしたり、養蜂家に会ってマヌカハニーの偽物や正しい選び方についてインタービューしたこともあります。

このような経験を通して偽物のマヌカハニーの見分ける方法や正しい選び方が分かりました。

 偽物のマヌカハニーがあるのは本当か?

マヌカハニーは年間1700トン生産されていますが、世界中で1万トン以上が販売されています。実に世界で生産量の5倍以上ものマヌカハニーが販売されています。

生産量よりも販売量が多いということは、何かしら偽物のマヌカハニーが出回っていることになります。

そこで、今回は「【偽物はあるの?】ニュージーランド産マヌカハニーの見分け方と選び方」についてご紹介します。

【偽物はあるの?】ニュージーランド産マヌカハニーの見分け方と選び方

ストップする人
ある程度は見分けることはできます。

偽物のマヌカハニーの手口とは?

偽物のマヌカハニーには大きく、「マヌカ以外の花の蜂蜜を混ぜているもの」、「加熱処理によってMGO量を増やしているもの」、「添加物を混在させてもの」などがあります。

例えば、ニュージーランドでマヌカハニーの偽物を販売した会社に多額の罰則金が課せられました。こちらが販売されていたマヌカハニーです。

オークランドのある会社が、製造販売しているマヌカハニーに密かに添加物質を混入していたことがわかった。

ニュージーランドの最重要ブランドの一つとして、第一次産業省は、マヌカハニーの製造基準に厳しい規定を課している。

Evergreen Life社は、自社のマヌカハニーに人工的な物質を加えたと認めた。同社のマネージャであるジェイソン・リーは、成分を偽りマヌカハニーを販売したとされ、有罪判決を受けた。社とリーは、最大ではNZ$1ミリオンドルを超える罰金が、リーには5年の懲役刑かNZ$10万ドルの罰金が課せられる。

すべてのマヌカハニーは、第一次産業省が認定する研究所でテストされ、基準をクリアする必要がある。

出典:NZ大好き.com

この会社は人工的な物質を加えて殺菌力を増やして偽装していましたが、その他にもマヌカハニーを加熱させることによって意図的にMGO量を増やした事例もあります

今回、この違反で罰則金のNZ$1ミリオンドルは、日本円で約8,000万円。マヌカハニーを輸出産業に育てているニュージーランド政府も多額の罰則が課しています。

さらに、アメリカでは偽物を販売したとして消費者から訴訟を起こされています。

アメリカのカリフォルニア州でTrader Joe’sというグロサリー・ストアチェーンがマヌカハニーを購入した3人から訴訟を起こされました。

商品にはマヌカハニー100%純粋と表示されていましたが、含有量を測定してみると最大で約62.6%しか含まれていなかった。

どちらも会社の信頼を利用してマヌカハニーを販売しているので、これらを消費者が見分けることはかなり難しいと言えます。

では、どうやって偽物のマヌカハニーを見分ければいいのでしょうか。

偽物のマヌカハニーの見分け方

偽物のマヌカハニーとされている多くは、「価格が極端に安い」や「知られていないブランドだった」という特徴があります

海外ではニュージーランドから輸入したマヌカハニーに会社独自のラベルをつけてオリジナルブランドとして販売されていることがあり、これらのマヌカハニーは会社の知名度や信頼を利用してマヌカハニーを販売していることになります。

・価格が極端に安いマヌカハニーは避ける
・UMFやMGO量が正しく明記されている
・知られていないブランドは避ける

価格が極端に安いマヌカハニーは避ける

マヌカハニーに限らず、価格が相場と比べて安いと思わず買ってしまうということがありますよね。マヌカハニーも種類が多く価格も違ってくるので、なるべく安く買いたいという心理をついて偽物が販売されています。

さらに、偽物とまでもいかないまでもマヌカハニーの品質管理ができていないもの、賞味期限が短いものを販売している」ことがあります。

価格が安いのには理由が必ずあって、マヌカハニーは正しい温度管理がでていないとMGO成分が壊れることが分かっていて品質に問題があるものや、極端に賞味期限が短すぎるものが販売されているケースがあります。

UMFやMGO量が正しく明記されている

マヌカハニーの価格を決めるといってもいいほど、UMFやMGOの基準が大きく影響してきます。

UMF:ニュージーランドのマヌカハニー協会が指定した指標
MGO:抗菌・殺菌作用となる成分の量を示す指標


UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)は、UMFの数値は消毒薬のフェノールと同じ抗菌レベルを表し、UMF5+は5%のフェノール消毒薬と同等の抗菌力があるとされています。このUMFはUnique Manuka Factor Honey Associationによって管理・監視され、基準を満たす必要があります。


マヌカハニーのボトルにMGO550+などの記載があるものが、MGO表記です。このMGOは食物メチルグリオキサールで1kgのマヌカハニーに何mgの食品メチルグリオキサールが含まれているかを示す数値です。

特にUMFは厳しい基準をクリアしたマヌカハニーにしかつけることができない指標なので、UMF表記があるマヌカハニーは信頼することができます

MGOはメチルグリオキサール成分の量を示していますが、実は誰でも記載することができるので記載されていても信頼はできません。

ただし、登録商標を持っているのは「マヌカヘルス社」なので、マヌカヘルス社のマヌカハニーであれば信頼することができます

知られていないブランドは避ける

偽物とされているマヌカハニーの多くは知られていないオリジナルブランドとして販売されているケースがほとんどです。これはマヌカハニーに添加物を加えたり、マヌカハニー以外のはちみつを混入できるためです。

「知られていないマヌカハニー=偽物」とはなりませんが、無名であれば何かのメリットがないと有名ブランドに負けてしまいます。そこで、価格が極端に安いマヌカハニーなどが誕生してしてしまうことになります。

こういった偽物を買わないためには「信頼できるブランドのマヌカハニー」を購入するのがおすすめです。

https://manukahoneydaisuki.com/ranking/

偽物のマヌカハニーを選ばないためには「価格」・「指標」・「ブランド」が重要

ニュージーランドには数百のマヌカハニーメーカーがあるとされていますが、実際にマヌカハニーとされる蜜をとるには限界があります。そのさらに高レベルのマヌカハニーを採蜜するには大手ではないと難しい側面があります。

偽物のマヌカハニーを選ばないためには、極端に安いマヌカハニーを避けること、UMFやMGO指標を参考にすること、さらに信頼できるブランドのマヌカハニーを選ぶことが重要になりますね。