コラム

【徹底比較】マヌカハニーを安く買うならニュージーランド?それとも日本?


日本よりニュージーランドのほうがマヌカハニーを安く買えるかどうか興味がある人向け。

「マヌカハニーを買うなら現地のニュージーランドのほうが日本よりも安いんじゃないの?と思うんだけど、実際どうなんだろう、、、日本とニュージーランドで価格がどのくらい違うのか知りたい。」

こういった疑問にお答えますね。

 本コラムの内容

  • 日本とニュージーランドで価格を比較してみた
  • 価格の差が出る理由

そこで、今回は「マヌカハニーを安く買うならニュージーランド?それとも日本?実際に調べてみました!」をご紹介します。

このコラムを書いている私はニュージーランドに在住していて、養蜂メーカーの直売店を訪れたり、今までに30種類以上のマヌカハニーを試してきました。

このような経験からマヌカハニーが日本とニュージーランドのどちらが安いかが分かりました。

 日本でもニュージーランドと同じマヌカハニーが買えるの?

ニュージーランドで販売されているマヌカハニーの多くが日本でも購入することができます。ニュージーランド政府がマヌカハニーを重要な産業ととらえていて、自ら輸出に対して積極的に関与しています。

例えば、マヌカヘルス社は日本に限らず世界に輸出されている有名ブランドです。

マヌカハニーの有名ブランドの多くは、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなども買うことができます。

日本でも買えるマヌカハニーですが、実際に現地のニュージーランドのほうが安く買えるのでしょうか。それでは、日本とニュージーランドで価格の違いをみていきましょう。

マヌカハニーを安く買うならニュージーランド?それとも日本?

意外と日本のほうが安い場合があります。

日本とニュージーランドで価格を比較してみた

マヌカハニーと言っても色々なブランドがあるので、今回は日本でも購入しやすいマヌカヘルス社のマヌカハニーで比較してみたいと思います。MGOレベルはMGO550+とMGO400+です。

日本でマヌカハニーを購入した場合

今回、高級食品を扱う某スーパーとAmazonでの価格を参考にしてみました。

高級食品某スーパー

  • マヌカハニーMGO400+ 250g:6,264円(税込み)
  • マヌカハニーMGO550+ 250g:11,016円(税込み)

Amazon

  • マヌカハニーMGO400+ 250g:4,700円(税込み)
  • マヌカハニーMGO550+ 250g:6,960円(税込み)

高級食品某スーパーとAmazonとでは同じブランド、同じMGO量でも価格が違うこと分かりました。Amazonの場合はセール価格ではありませんので、実勢価格になります。

ニュージーランドでマヌカハニーを購入した場合

今回、マヌカヘルス社の直販サイトで調べてみました(1NZDを80円で換算)。

マヌカヘルス社の直販サイト

  • マヌカハニーMGO400+ 250g:71.75NZD(約5,740円)
  • マヌカハニーMGO550+ 250g:105.00NZD(約8,400円)

出典:THE MANUKA SHOP

日本円とニュージーランドドルのレートによって日本円に換算した場合はか価格が変動しますが、おおよその税込み価格です。

結論

日本とニュージーランドでマヌカハニーの価格を比較したところ、なんと日本のAmazonで購入したほうが安いことが分かりました

高級食品某スーパー Amazon NZ販売店
MGO400+(250g) 6,264円 4,700円 5,740円
MGO550+(250g) 11,016円 6,960円 8,400円

必ずしも原産国であるニュージーランドのほうが安いというわけではない、ということになりました。購入時期や購入場所によっても違いますが、かなり価格の差が出ましたね。

日本とニュージーランドで価格に差がでる理由

日本とニュージーランドでマヌカハニーの価格が異なる理由はいくつかあると思われますが、価格の差の大きく影響を与えるのが輸入の時期と量です。

為替レート条件がいいときに大量に輸入しておけば、日本で安く販売できることになります。

特にマヌカハニーは高い抗菌効果で賞味期限は2~3年とされているため、在庫をある程度持っておくことができます。ただし、ネット通販では賞味期限がどのくらいのか分からないという問題もあります。

日本とニュージーランドでマヌカハニーの価格を調べた結果まとめ

ニュージーランドではマヌカハニーの販売価格が年々上がってきており、採蜜の量などにも大きく影響を受けます。特に、最近では日本に限らず、中国やアメリカでも引き合いがあるため、希少なマヌカハニーの取り合いになっています。

今回の調査では、ニュージーランドよりも日本で購入する方がやすい場合もありましたが、販売個数が限定されていたりしているので、安いのには為替レートや在庫処分などの何かしらの理由がありますね。