コラム

マヌカハニーのおすすめブランド信頼度ランキング【NZ在住者厳選】

マヌカハニーブランドおすすめランキング
マヌカハニーのおすすめや信頼できるブランドやメーカーを知りたい人向け。

「マヌカハニーは通販サイトなどを見てみると色々なブランドがあるけど、どれを選んでいいか分からない。UMFとかMGOの数値で選ぶといいとか聞くし、、、マヌカハニーのおすすめのブランドがあれば知りたいな。」

こういった質問にお答えますね。

 コラムの内容

このコラムを書いている私はニュージーランドに在住していて、10以上のマヌカハニーの販売店を訪れたり、今までに30種類以上のマヌカハニーを試してきました。

このような経験から、信頼できるマヌカハニーのおすすめブランドがどれが分かりました。

おすすめのマヌカハニー
created by Rinker
マヌカヘルス
¥12,893
(2019/12/09 23:31:34時点 Amazon調べ-詳細)

マヌカヘルスマヌカハニーをおすすめする理由

  • 業界2位の実績があるマヌカハニーなので売り切れが少ない
  • UMF13+なので、UMF10+(アクティブマヌカハニー)レベル以上
  • 500g×2個なので効果が実感しやすい約4~6か月分

そこで今回は、「マヌカハニーおすすめブランド信頼度ランキング」をご紹介しようと思います。

【NZ在住者が比較】マヌカハニーおすすめブランド信頼度ランキング

マヌカハニーの選び方とは

基本は3つです。

  • アクティブマヌカハニーを選ぶ
  • 信頼できるブランド力で選ぶ
  • 価格やコスパ

それでは、具体的にご説明します。

ポイント1:アクティブ・マヌカハニーを選ぶ

マヌカハニーといってもUMFやMGOによって得られる効果が違ってきます。特に、UMF10+やMGO263mg/1Kg以上のものをアクティブ・マヌカハニーといい。病院などで使われるぐらい効果が実証されています。

UMFやMGOの値が小さいものや、それらの表記のないものは効果がないわけではありませんが、せっかくマヌカハニーを食べるのであれば、最低限アクティブハニー以上のものがおすすめです。

ポイント2:信頼できるブランドで選ぶ

マヌカハニーには色々なメーカーやブランドがあり、なかには無名ブランドで価格が極端に安いマヌカハニーが偽物だったということもあります。

マヌカハニーを選ぶ上では、安いものを選ぶのも方法のひとつですが、信頼できるブランドのマヌカハニーを選ぶことも大切です。

ポイント3:価格やコスパ

上記のポイントを満たそうとすると、どうしても価格も高くなります。どれだけ高いマヌカハニーを食べても継続できなければ本末転倒なので、「続けやすい」と感じる価格帯のマヌカハニーを選ぶことも重要なポイントになります。

効果を実感するには最低でも3か月ぐらいは食べ続ける必要があるので、1個250gであれば3つ以上は継続して買えるマヌカハニーを選びましょう。

信頼できるマヌカハニーのブランドおすすめランキング

信頼の基準はNZ在住者がニュージーランドでの実体験をもとに決めています。

それでは、ランキング1位からの発表です。

1位:Manuka Health(マヌカヘルス)
マヌカヘルスブランド
ニュージーランドのマヌカハニー業界2位のブランド。青いパッケージがトレードマークで、信頼のあるMGO数値をにお最初にラベルに表示したメーカーです。2019年夏にパッケージ変更を行いMGO量に加えてUMF表記もされるようになりました。
信頼度
特徴 日本での知名度も高いので手に入れやすく続けやすい
味・舌触り 味はマイルド、舌触りはザラザラ感あるが好み次第
created by Rinker
マヌカヘルス
¥5,220
(2019/12/09 23:31:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

2位:Strongmanukahoney(ストロングマヌカハニー)
ストロングマヌカハニー
日本人の養蜂家がニュージーランドで採蜜しているTCN社のブランド。特にストロングマヌカハニーは活性強度39+・MGO1100+を誇る最高レベルの抗活性力があります
信頼度
特徴 ニュージーランドでも入手が難しい最高レベルのMGO1100+
味・舌触り 味は濃厚だが、舌触りはなめらか
おすすめ 公式ページからなら品質管理がされているので安心して購入可能


created by Rinker
TCN
¥40,410
(2019/12/09 23:31:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

3位:EGMONT HONEY(エグモントハニー)
エグモントハニーブランド
ニュージーランドでもスーパーや薬局などで取り扱いがある安心できるブランド。他ブランドと比べて価格が安いので、MGO1200+でも一番安く購入できるのが魅力
信頼度
特徴 MGO1200+までの幅広い品揃えと価格が安いのが魅力
味・舌触り 味はとてもマイルド、舌触りはなめらか
created by Rinker
エグモントハニー
¥10,800
(2019/12/09 23:31:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

4位:Comvita(コンビタ)
コンビタブランド
1974年創業のマヌカハニー業界で最大手ブランド。赤いパッケージが特徴の海外をメインに輸出している大手メーカーです。価格が高いものの、業界1位の安心感があります。
信頼度
特徴 マヌカハニー業界最大手、オークランドに専門店を構える老舗
味・舌触り 味は濃いめ、舌触りはザラザラ感あり
created by Rinker
コンビタ
¥6,804
(2019/12/09 23:31:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

5位:BeeNZ(ビーエヌゼット)
ビーエヌゼットブランド
ニュージーランドの北島にあるタウランガで製造しているブランド。高級感があるパッケージにお土産やプレゼントにおすすめ。マヌカハニー独特の風味が抑えられているの食べやすいのが魅力。
信頼度
特徴 クセのあるマヌカハニーの風味が苦手な人におすすめ
味・舌触り 味も舌触りも、とてもマイルドでなめらか
created by Rinker
BEENZ (ビーエヌゼット)
¥5,000
(2019/12/10 02:52:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

6位:SWEET MEADOW(スウィートメドウ)
スィートメアドウブランド
ニュージーランドのBee & Herbal New Zealand Limitedが製造するブランド。コンビタのグループなので信頼して購入することができ、さらに価格が安いのが魅力です。UMFやMGO数値がないマヌカハニーがおすすめ。
信頼度
特徴 コンビタグループという安心感と低価格を兼ね備えたブランド
味・舌触り 味は濃いめ、舌触りはなめらか
created by Rinker
コンビタ
¥3,672
(2019/12/10 02:52:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

7位:Airborne(エアボーン)
エアボーンブランド
ニュージーランドのスーパーでは見かけないことはないと言ってもいいほど有名なブランド。メーカー独自の指標として花粉含有率が表示されています。UMFやMGO数値と異なるので注意が必要です。
信頼度
特徴 メーカー独自の花粉含有率を表示
味・舌触り 味は普通、舌触りはザラザラ感あり

 

8位:Manuka Doctor(マヌカドクター)
マヌカドクターブランド
マヌカハニーやビーベノム(蜂毒)を使ったスキンケア用品を取り扱うメーカーとして有名。パッケージがリニューアルされました。今までのBio Activeという表記から、MGO表記へと変更されました。モノフローラルとマルチフローラルがあるので選ぶ際は注意が必要
信頼度
特徴 スキンケアのブランド力が強いが、はちみつとしてはマイナー
味・舌触り 味は強め、舌触りは少しなめらか
created by Rinker
マヌカドクター Manuka Doctor
¥9,700
(2019/12/09 23:31:36時点 Amazon調べ-詳細)

【ランキング外だけど】NZ在住者が選ぶマヌカハニーのおすすめブランド 別のコラムで「NZ在住者が選ぶ信頼できるマヌカハニーブランドおすすめランキング」を発表しましたが、残念ながらランキングに入らなかった...

ランキングはいかがでしたか?でも、実はマヌカハニーを選び方だけではなく、食べ方や保存方法など、知っておいたほうがいい注意すべきポイントがいくつかあります。

そこで、マヌカハニーに関するQ&Aを作ってみました。是非、参考にしてみてくださいね。

マヌカハニーのQ&A

Q.どうしてマヌカハニーには抗菌・殺菌作用があるの?

マヌカハニーを選ぶ上で知っておきたいのが、MGO(メチルグリオキサール)です。マヌカハニーには高い抗菌活性作用を持つ成分が含まれていて、その成分がMGOです。

このMGOは、マヌカハニーには他の食品と比べて大量に含有されていることが分かっており、MGO量によってランク付けがされています。一般的にMGOが含まれていないものから1200mg/Kgまでが市販されています。

Q.UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)とは?


マヌカハニーの容器にUMF5+、10+、20+、25+などの記載があるものが、UMF表記です。このUMF表記はマヌカハニーの効果レベルを一般消費者にわかりやすく伝えるために作られた「UMF規格」になります。

以前はマヌカハニーに含まれる抗菌・殺菌成分が何かわからないけど、その成分をUnique Manuka Factor(ユニーク・マヌカ・ファクター)と呼び、その頭文字を取ってUMFとしました。

UMFとは、マヌカハニー協会所属の会社が共通して使用できる基準で、消毒薬のフェノール液との抗菌・殺菌力を比較したものです。

例えば、UMF5+は5%のフェノール消毒薬と同等の抗菌力があるとされています。家庭で使用される消毒液は5%と言われているので、UMF5+と同様のレベルになります。これがUMF25+となると、さらに抗菌・殺菌効果があがります。

このUMFはUnique Manuka Factor Honey Association(ユニーク・マヌカ・ハニー協会)によって管理・監視され、その基準を満たしたマヌカハニーだけがUMF表記を行うことができます。

ただし、この表記方法には偽造する余地があるため、別の表記方法を推奨するメーカーも出てきました。それが、MGO量です。

Q、MGO(メチルグリオキサール)とは?


マヌカハニーのボトルにMGO30+、100+、250+、400+、550+などの記載があるものが、MGO表記です。このMGOというのは、マヌカハニーの抗菌活性成分である食物メチルグリオキサルで、ボトルにはMGOの量が表示されています。

MGOの表示は、1kgのマヌカハニーに何mgの食品メチルグリオキサールが含まれているかを示す数値です

例えば、MGO100+のマヌカハニーには1Kg中に100mgの食品メチルグリオキサールが含まれていることになります。

MGO量はUMFと違って、MGO量を実際に計測するため、数値の操作がしにくいので偽造しにくいというメリットがあります。最近では、どのメーカーもMGOを表記するようになっているので、MGO量でマヌカハニーを選ぶといってもいいほどです。

Q、UMFとMGOの違いとは?

上記のようにUMFもMGOも、同じ成分を基準にしているものなのですが、MGOのほうが抗菌・殺菌効果の成分を直接、測定しているという点では正確さがあります。ただ、UMFはUMF協会が厳しい基準で管理しているので、安全性・信頼性という点もどちらも重要な基準となっています。

最近ではUMF表記とMGO表記が混在しているため、UMFとMGOの相関を下記に記載しました。

UMF指標 MGO(メチルグリオキサール)量指標
5+  >= 83mg/kg
10+ >= 263mg/kg
15+ >= 514mg/kg
16+ >= 573mg/kg
18+ >= 696mg/kg
20+ >= 829mg/kg
25+ >= 1,200mg/kg
28+ >= 1,449mg/kg

UMF5+は、MGO量では83mg/Kg以上を含有していることを示しています。特にUMF20+/MGO829+以上のマヌカハニーは全採取量の1%以下と数量が限られているので価格も高くなっています。

マヌカハニーを選ぶ際にはどのくらいの効果を期待するかで選びましょう。

健康効果を考えてマヌカハニーを購入するう場合はMGOの含有量や指標に注意しましょう。数値がないものであっても抗菌効果が全くないわけではなく、MGOが微量であるために計測できない、計測していないということなどの理由で効果レベルが証明ができないというだけです。

MGO550+はUMF5+の10倍の抗菌効果があるのか?
先ほどの説明にあるとおり、よく勘違いしてしまうのがUMFとMGOの表記の違い。同じ数値なので、MGO550+がUMF5+の10倍以上の効果があるとそういうわけでありません。相関は厳密でありませんが、以前は一般的には下記の相関が知られていました。

UMF指標    MGO指標
+5     +30
+10    +100
+20    +250
+25    +550

ただし、最近になって基準が見直され、UMF協会のリリースデータより抜粋したものによると下記の相関に変わっています。MGO成分の量を表す「MGO量」と協会が提唱している「UMF」が容器に両方表示しているメーカーも増えてきましたが、まだまだ「UMF」表記のままのメーカーも多いようです。

Q.マヌカハニーのUMFやMGOによって効果は違うの?

マヌカハニーを選ぶにあたってUMFやMGOの数値は気になりますよね。数値が大きいほどがいいとされていますが、数値の違いによって効果は違うのでしょうか?

それでは、1つの論文からMGO量の違いによる効果の違いについてご紹介します。それぞれ黄色ブドウ球菌、MRSA、緑膿菌という菌の繁殖抑制力を見てみましょう。
黄色ブドウ球菌の場合

MGO量(mg/Kg) 菌の増殖力(mean ± S.D.)
250(UMF10相当) 79.5(1.9)
400(UMF13相当) 36.7(15.3)
550(UMF16相当) 18.9(9.8)

出典:Functinal Foods in Health Disease 2014;4(5):172-181

菌の増殖力の数字が低ければ低いほど、菌の繁殖を抑制していることになります。食中毒でよく問題となる黄色ブドウ球菌の例をみてみるとMGO量が増えるにしたがって抑制力が強くなっているのが分かると思います。

MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)

MGO量(mg/Kg) 菌の増殖力(mean ± S.D.)
250(UMF10相当) 78.5(4.4)
400(UMF13相当) 50.5(8.8)
550(UMF16相当) 32.3(4.8)

出典:Functinal Foods in Health Disease 2014;4(5):172-181

今度は、病院内感染で問題となるMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)に対してですが、こちらも数字が低ければ低いほど菌の繁殖を抑制していることになります。MGO量が増えるにしたがって、こちらも抑制力が強くなっているのが分かると思います。

緑膿菌の場合

MGO量(mg/Kg) 菌の増殖力(mean ± S.D.)
250(UMF10相当) 96.6(1.7)
400(UMF13相当) 90.3(6.7)
550(UMF16相当) 91.9(2.7)

出典:Functinal Foods in Health Disease 2014;4(5):172-181

緑膿菌は水まわりなど生活環境中に広く存在する菌です。この菌の場合はMGO量に関わらず繁殖を抑制する力がないことがわかります。緑膿菌に対しては抗菌殺菌効果がほとんどないといってもいいでしょう。

Q. マヌカハニーの期待される身体への影響は?

マヌカハニーには様々な身体への影響が知られています。健康をサポートするだけではなく、美容にも良い影響があるとされています。

・虫歯や歯周病の予防
・口内炎の抗炎症
・風邪症状の改善
・のどの痛み緩和
・下痢と腹痛の緩和
・不眠や睡眠の質向上
・ダイエット
・顔ニキビの改善
・肌荒れの改善
・便秘の改善
・アンチエイジングなど

特に、日本ではTVや雑誌で「ピロリ菌を除菌することができる。」ことで有名になり、一部の病院で実験的に使われていることが知られていますが、具体的な影響はまだまだ検証が必要とされています。

Q.マヌカハニーのおすすめの食べ方は?

空腹時にティースプーン(小さいスプーン)で1杯程度を舐めるのが効果的です。特に、就寝前にマヌカハニーを舐めるとより効果が期待できます。

但し、MGOは熱に弱いとされているのでコーヒーやお茶などの熱い飲み物に入れるのはやめましょう。さらに、一般的な金属のスプーンではMGO成分が壊れるので摂取する際は木やプラスチックのスプーンを使用しましょう。

【Q&A】NZ在住者がおすすめするマヌカハニーの食べ方は? マヌカハニーのおすすめの食べ方を知りたい人向け。 「マヌカハニーの効果的な食べ方とかあるのかな?はちみつとかパンに塗って食べる...

Q.マヌカハニーの賞味期限と保存方法は?

一般的にハチミツは約2~3年の消費期限が目安となります。ただし、これは味を保証している期間なので、味に関係なく食べることができる場合もあります。ハチミツによっては白色(結晶化)してしまうので、少しためらわれるかもしれませんね。

ハチミツのなかでもマヌカハニーには「食品メチルグリオキサール」という特別な抗菌効果を持つ成分が含まれているので、菌を抑制させる効果が高く、消費期限が約3年のものが多いようです。ニュージーランドのメーカーの容器にはB.B.という記載があります。

このB.B.は「Best Before」の意味し、賞味期限に該当します。 例えばB.B 01/10/2016と表記があれば、ニュージーランドでは日・月・年の順番に記載するので、この場合は2016年10月1日が賞味期限となります。

マヌカハニーの保存方法は、日が当たらない涼しいところがベスト。冷蔵庫に入れてしまうと、結晶化して硬くなってしまうことがあります。特に冬場は菌の繁殖も活発ではないので、日が当たらない涼しいところでも問題はないでしょう。

Q.マヌカハニーを食べてはいけない人は?

ハチミツは疲労回復、口内炎の改善、虫歯の予防などの他に、美容サポートとしても用いられています。しかしハチミツを食べてはいけない人もいます。これは、ハチミツに含まれる成分が特定の病気に関係しているからなんです。その特定の病気とは、何でしょうか?ハチミツを食べる前にしっかり知っておきましょう。

1歳未満の赤ちゃん
ハチミツといえば、砂糖よりも健康的に糖分を摂取できて、栄養も多いので子どもにも適した食品ですが、1歳未満の赤ちゃんには与えてはいけません。生のハチミツには食中毒の原因菌として有名な「ボツリヌス菌」が含まれている場合があります。

赤ちゃんの消化器官は未発達なのでボツリヌス菌の繁殖を防止することができません。1歳以上の子ども、大人であれば繁殖はしないので問題はないとされています。ボツリヌス菌が体内で増殖すると、「乳児ボツリヌス症」という病気にかかる可能性があります。病気にかかってしまうと、呼吸系の神経が影響を受けて呼吸不全に陥る危険性もあります。

赤ちゃんの手が届くところにハチミツを置かないようにしましょう。誤って赤ちゃんがハチミツを摂取してしまった場合は医師に相談しましょう。

糖尿病の方や糖分を控えている方
ハチミツの約8割は糖分で出来ているため、糖尿病にかかっている方にはオススメできません。ハチミツを摂取すれば、砂糖を摂取した時と同じく血糖値が上昇します。主成分である果糖はGI値が低いのですが、ブドウ糖やショ糖も含まれているので、ハチミツとしてのGI値は砂糖と比べても必ずしも低いわけではないことが知られています。

【注意】こんな人は蜂蜜を食べちゃダメ!マヌカハニーを食べてはいけない人は?マヌカハニーに限らず、蜂蜜(ハチミツ)を食べてはいけない人や控えた方がいい人がいます。ニュージーランド在住の管理者がはちみつを食べてはいけない人をご紹介します。...

マヌカハニーおすすめブランド信頼度ランキングまとめ

ニュージーランドでは日本で販売されているマヌカハニーの種類よりも多くのブランドが売られています。今回は、その中から日本でも購入できるマヌカハニーおすすめブランド信頼度別にランキングをしました。是非、参考にしてみてくださいね。