マヌカハニー一覧

TCNマヌカハニー【ストロングマヌカハニー】の特徴や口コミ・評判は?NZ在住者が紹介します!

ストロングマヌカハニー

TCN社マヌカハニーの特徴や口コミ・評判を知りたい人向け。

「Strong Manuka Honey(ストロングマヌカハニー)はMGOレベルが高いと聞いたんだけど、本当なのかな?TCNとか聞いたことないし、、、TCNブランドやストロングマヌカハニーについて知りたい。」

こういった疑問にお答えします。

 本コラムの内容

  • TCN社ブランドとは
  • ストロングマヌカハニーの特徴
  • ストロングマヌカハニーの口コミ・評判
  • TCN社マヌカハニーー一覧

このコラムを書いている私はニュージーランドに在住していて、今までに30種類以上のマヌカハニーを試してきました。

このような経験を通して、マヌカハニーのブランドごとの特徴などをご紹介しています。

 なぜ同じマヌカハニーなのに味や舌触りが違うの?

大手メーカーのブランドになればなるほど、ニュージーランドの各地にある蜜源からマヌカハニーが集められるので味や風味に個性が生まれます。

同じマヌカの花から採蜜しているマヌカハニーでも採れた産地や時期、そして製法(プロセス)によって味や舌触りが違ってきます。

そこで、今回は「TCN社マヌカハニーの特徴」をご紹介したいと思います。

【口コミ・評判】TCN社マヌカハニーの特徴【ストロングマヌカハニーがおすすめ】

最高レベルMGO1100+のストロングマヌカハニーがおすすめです。

TCN社ブランドとは

TCN社は、日本人の養蜂家がニュージーランドで生産管理したマヌカハニーメーカーです。

品質の保証として、「天然メチルグリオキサール含有量分析試験書」コピーと、その日本語翻訳書が同封されているのが特徴です。

一般的なマヌカハニーには現地分析機関発行の試験成績の証明書は同梱されていません。

最近はMGO量を偽装したマヌカハニーも出回っているという話があるので、日本語の証明書が添付されているのは安心できますね。

TCN社マヌカハニーの特徴

TCN社が販売している「ストロングマヌカハニー」はMGO1100+以上と最高レベルに近いマヌカハニーです。MGO1000+はマヌカハニー全体量の約0.02%しか採れないともいわれています。

ストロングマヌカハニーの最大の特徴は、NZ現地で養蜂家の日本人が生産しているマヌカハニーということ

MGO1100+以外にも「活性強度」という指標を用いてますが、活性強度はメーカー独自の指標であるため、活性強度39がUMF39+ということではないので注意が必要です。参考までに、マヌカハニー協会が提示している指標を確認してみましょう。

<メチルグリオキサール含有量によるUMF指標>
UMF指標    MGO(メチルグリオキサール)量指標
5+     >=  83mg/kg
10+   >=  263mg/kg
15+   >=  514mg/kg
16+   >=  573mg/kg
18+   >=  696mg/kg 
20+   >=  829mg/kg
25+   >=  1,200mg/kg

28+   >=  1,449mg/kg
MGO1100+は、UMF20+とUMF25+の間ですね。UMF22+~23+とされています。

それでもMGO1000+以上を販売する会社はニュージーランドでも数少ないので、日本で手に入るレベルとしては最高レベルと言って過言ではないでしょう。

ただ、もし価格が高すぎると気になるという人には、エグモントハニー社のマヌカハニーもおすすめです。最高でMGO1200+のマヌカハニーも販売されていますよ。

【エグモント】マヌカハニーの特徴や口コミ・評判は?NZ在住者が紹介します! 【エグモント】マヌカハニーの特徴や口コミ・評判を知りたい人向け。 「日本ではエグモントのマヌカハニーを見かけないんだけど、パッ...

ストロングマヌカハニーの特徴と口コミ

マヌカハニー選びで気になるのが、口コミや評判。価格も高いので試してみてからというのも難しいですよね。そこで、人気のあるTCN社ストロングマヌカハニーに絞って口コミ・評判を集めてみました。

ストロングマヌカハニーの場合、Amazonレビューでは口コミが30以上で☆4と☆5の合計が約90%以上の評価を得られています。

口コミ数が少ないと思われるかもしれませんが、価格が約4万円と高額なので仕方ないかもしれません。

口コミや評判の一例を挙げると・・・

口に含むと「ジャリジャリ」という感じで、生マヌカハニーを食べている感じがします。結晶化しているだけなので成分には問題ないそうです。
胃の調子が悪くなり、いろいろ調べたましたが、この商品が一番MGOが入っていました。日本人が作っているということらしいので安心できそうなので、購入しました。
日本人が現地生産しているだけあって、きちんとした梱包だし、説明書もついているので安心できます。

日本人が現地生産し、出荷しているので安心できるという口コミ・評判が多いようです。品質の証明書も添付されているので、そこも信頼できるところですね。

→<さらに口コミや評判をみてみる

TCN社マヌカハニー一覧

高MGOレベルのマヌカハニーです。MGO11100+はUMF22+~UMF23+に相当します。

こちらはMGO860+ですが、こちらでも十分レベルが高いマヌカハニーです。

MGO550+は他ブランドも市販されていますが、500gということを考えればお得です。

TCN社マヌカハニー特徴まとめ

マヌカヘルスのマヌカハニーは、別コラムでもNZ在住者が選ぶ信頼できるマヌカハニーブランドおすすめランキングでも2位にあげている一番信頼ができるブランドです。

実は、マヌカハニーに限らず蜂蜜は蜂巣の温度である約37~38度以上になると、徐々に成分が壊れていくことで知られています。そのため、温度管理がされた状態で日本で持ち込まれているかが重要になります。

温度管理がされていることを考えれば、公式サイトから直接購入する方が安心できるのでオススメ。

公式サイト↓


まとめ
  • 日本人の養蜂家が生産しているので安心
  • ストロングマヌカハニーはMGO1100+と最高レベル
  • 品質証明の分析書も同梱されている